Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1252-579dc8ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

最後の木炭デッサン

1年生デッサンの
前期最後の課題の提出です。

デッサン1 デッサン2

木炭という画材を振り返って
先週と今週は、みんな描写に一生懸命になりましたが、木炭は、どちらかというと細かい描写には不向きな画材です。
学生たちには「消すための画材」なんていう伝え方をしました。
間違ったときに、叩いて画面から木炭を落としてリセット出来るから。
描きたい学生にとっては、描きやすい鉛筆で制作したかったでしょうが、間違いに気付き勇気をもって消すことを学ばなければ、描きさえすれば何でもOKという意識が出来上がってしまうことになtります。
もっと上手くなろうという思いに対して、「これでいいわ」は禁物。
自身のスキルアップを図るためには、現状満足ではダメですから。
木炭には太さがあるので、鉛筆やペンのように線で描いて行くことが出来ません。
反面、面で描いて行くのに向いています。
明るさの違いを面でとらえ、立体のイメージを理解して行く。
だから、面取りからスタートしました。
彫刻のようにデッサンしてもらいました。
新入生の皆さん、立体のとらえ方が習得できたでしょうか?

後期の
課題は、石膏像を鉛筆を使って描写して行きます。
細かく描き込んでいく制作です。

画材が変わっても
立体としてのとらえ方は変わりません。
木炭で学んだことをつなげて、鉛筆デッサンも頑張りましょう。




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1252-579dc8ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。