Entries

アニメーションの色彩計画

卒業制作(グループ制作)の
キャラクターデザインの色彩設定です。

以前はセルにキャラクターを描写していました。
アニメカラーで試色した何通りかのカラーパターンを作ってキャラクターのカラーリングを決定していましたが、アニメカラーを塗って乾かす時間が必要で、決定するのに手間ひまがかかったものです。

今はデジタルで着彩しますので、あっという間に塗り替えて、画面を見ながら速やかに決めていくことができます。
便利になりました。

キャラクターの色彩設定 

顔の表情アニメカラーは、絵具メーカーの方で色彩が管理されていたので、撮影されてプリントされて各色がどう映し出されるか予測のしやすさがありました。
デジタルの場合は、無限に近い豊富な色彩のパレットから制作者の好みで選ぶことが出来るので、どの色彩を使うかは自由に選択することができます。
しかし、そこに落とし穴があるわけで、どんな色でも使える代わりに、色彩の知識をしっかり持っていなければ、とんでもないカラーリングを行ってしまうことになるということです。

色相や、トーン(明度や彩度)のことを考えて、単に色の好みだけで決めていかないようにしましょう。

画面をとおして、人の目にどう映るか、色彩効果についてアドバイスをもらって、色彩を決めていくことが大切です。

ひとつ注文をつけました
「真っ白な画面で、キャラクターだけの色彩で良し悪しを判断せず、実際の背景の上にキャラクターをのせて判断しなさい」

背景の色彩とあわせてキャラクターの色彩も考えないと、正しい判断は出来ないですね。
常に、キャラクターと背景はセットです。

背景とセットで 
色相・明度・彩度 色彩の比較


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1364-d82090d2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる