FC2ブログ

Entries

子供に訊くのが一番

3歳から5歳
といった未就学前の男児を対象にしたキャラクターの創作を行なっているキャラクターデザイン学科の1年生。
ファンシーややキャラクター商品のキャラクターをデザインしようとしている学生たちは、たとえばソフビの指人形のような玩具を企画しています。タオルハンカチにプリントや刺繍されるキャラクターをデザインしている学生もいます。
アニメやゲームのキャラクターをデザインしようとしている学生たちは、子供たちに喜んでもらえそうなキャラクターを使ったゲームって一体どんな企画なのかを模索したり、アニメのストーリーを考えたりしています。

キャラクターデザインコースで
恐竜をモチーフにしてキャラクターを企画している石田さんが、いくつかのアイデアでスケッチを完成させたのですが、デザイン決定の決め手を欠いて悩んでいます。

「子供に訊いてみたら?」
のアドバイスを実行に移して、この日、幼稚園の年長さんのクラスを訪ねてアンケートを採りました。

福島幼稚園1 福島幼稚園2

子供たちが指示
したデザインは、頭身の大きな恐竜のイラストで、フチをとった線とキャラクター自体の色彩のすき間に白い色を使った、ちょっと変わったアイデアのほうでした。
ほとんどの園児が手を上げました。

福島幼稚園3石田さんは、園児に会う前に、周りの友だちや大人たちも聴いていました。
その結果は、園児たちの選んでくれたものとは逆のものでした。
思うに、ファンや大人たちって、既製のものに左右されたり、従来あるものを「当然」のものとして考えてしまう傾向があるじゃないですか。世間の常識に染まっていない純粋な子供たちの判断って、正しいのかもしれません。

何よりも、子供たちのために作っているデザインなのだから、子供たちの選ぶものを信じなけりゃ。

昨日
幼稚園を訪ねて、副園長先生に、子供たちにアンケートをとらせてもらう協力をお願いしました。
その場で行なうのは無理でしたが、「明日のお片づけの後の降園の直前なら構いませんよ」というお許しをいただいた。
石田さんには「一人でやりなさい」って伝えたのですが、彼女は緊張で、昨日からずっとお腹がきりきり痛かったんですって。

でも
無事にやり遂げたことと、子供たちがとってもよく協力してくれたので、ほっとしてとっても冗舌になっていました。

園長先生が
「先代の園長からの伝えごとで、ものづくりに関わっている人には協力してあげなさい、と言われてきました。先代園長は絵を描くことが好きだったので、あなたのような人には、力になってあげなければと思ったんのです」と言ってくださいました。

その言葉に石田さんは涙を流しました。
「副園長先生の言葉が嬉しかったし、子供たちが可愛かった」んだって。
「保育の先生が、このイラスト、子供たちにいただけませんか?」とも言ってくれたんだって。

良かったね。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1448-ab474f8b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる