FC2ブログ

Entries

フィルムだから手に取って見れた

『アーティスト』
ミシェル・アザナヴィシウス監督/フランス
ジャン・デュジャルダン
ベレニス・ベジョ

アーティスト 

このシーンが好き
1.火事で、ジョージが入院したことを知ったぺピーは病院に駆けつける。
彼が炎から護ったフィルム缶がベット脇においてある。
医者が「しっかり抱えていて、放すのが大変だった」と言う。
唯一残った彼のフィルム。火事のすすで、缶票の作品タイトルも読めない。
缶のフタを開けて、中を確かめるぺピー。一体、何を護ったのだろう?
リールをほどいて、フィルムを引き、画面を確かめる。
ひとコマひとコマがクローズアップで映し出される。
それはラッシュフィルムだった。しかも、編集で使用されなかったNGショット。
ジョージとぺピーが、カメラの前で初めて競演したダンスシーンのワンショット。
護ったものが、彼の主演し、栄耀栄華を極めた時に作ったお気に入りの代表作かと思いきや、ぺピーとの思い出のラッシュフィルムだなんて。
何が写っているか手にとって光にかざしてコマの画を確かめるそれは、フィルムで映画を学んできたわれわれ世代としては泣ける。
ビデオテープやDVDや、ハードディスクじゃさまにならない!

2.火事の直前のシーン。
自宅の試写室で、嘗ての自身の活躍した姿を映写機にかけて追慕するシーン。
フィルムが映し終わり、スクリーンが真っ白になる。
映写機とスクリーンの間に立ったジョージの影が映し出される。
その影の、哀れで情けない姿。
影の主である本人が、陰に向かって「なんて惨めな姿だ。目の前から消えろ」と叫ぶ。
すると、影の主から離れ、映し出されたスクリーンからフレームアウトしてしまう。
影を失った役者が独り、取り残されている。
シルエットだけで今の彼の心情を表現した秀逸な芝居と、影ににも見放されてしまう奇抜なアイデアで表現した演出は面白い!

3.今や、人気女優に向かって大ブレイク中のぺピーと、トーキーの勢いに圧され過去の人となりつつあるジョージが、会社の階段ですれ違う。
売れっ子で忙しそうにしている彼女。
仕事も減り、ヒマそうな彼。
会話を交わし「それじゃ」って分かれたあと、ロングショットで引かれた画面は、階段を駆け上がるぺピーと、階段を降りて行くジョージをワンショットで映し出す。
二人の立場を対照的に映し出した、視覚的にとても分かりやすい構図。



スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1522-86df9258
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる