FC2ブログ

Entries

ライカリールプレゼン

ウタのタネ4の
シナリオをもらって、絵コンテを書き始めて1ヶ月。その絵コンテを映像化したライカリールを完成させ、再び、ミュージシャン・寺尾仁志さんに来校してもらい、制作の途中経過を報告。絵コンテの審査をしていただく。

37人のクラスを
6チームに分けて、対抗で制作したライカリール。
それぞれのチームが大きなモニターに映し出して、寺尾さんとウタのタネストーリー制作スタッフの前で順にプレゼン。

プレゼン1 プレゼン2
プレゼン3 

入学して来てから
まだ、3ヶ月にみたない新入生たちが、見事にプレゼンした。

寺尾さん発表が始まる前に、寺尾さんには、ちょっとした懸念があったそうです。
シナリオの中で、主人公サキちゃんが、お祖母さんから誕生日プレゼントにもらったカメラと、そのカメラで撮りためて作った思い出のアルバムを失ってしまうのですが、それらを思い出すときに、写真に写ったみんなの顔を思い出すシーンがある。
時が時だけに、震災の被害と被り、故人のイメージと重ならないだろうか?
震災と重ねて、妙なお涙頂戴の演出は避けたいと考えている寺尾さん。
しかし、学生たちのモンタージュは、その懸念を吹き飛ばしてくれたようです。

「言葉の表現と、画面の表現って違うのですね。」

あらためて、アニメーションの表現力に感動された寺尾仁志さん。

画面の表現力も大切ですが、ここでの表現は、モンタージュの持つ力でしょう。
アニメーションは映画です。
画面と画面が、並び、ぶつかり合い、そこに映像による言葉が生まれます。
学生たちは、それをマスター出来たのかもしれません。

個々に絵コンテを制作してもらい、2人コンビで合評し、絵コンテの表現について学習してもらい、さらに6人ほどのチームになって話し合いしながら絵コンテをまとめてもらった。
ちょっと、遠回りするように制作を進めてきましたが、そうすることで、絵コンテとは何ぞや?という意識をもって学習できたのかもしれません。

プレゼン5 プレゼン6

プレゼン後
寺尾仁志さんから感謝のコメントをいただいた。
イメージの変更や新しい提案もいただいたが、1年生の目の輝きを見ていると、やってくれるだろうと確信できる。

teraohitoshi 

その1年生たちの、ヤル気満々メッセージを紹介
「�ウタ�によって思い出がよみがえる。すごくあるなぁと思いました。それをアニメーションで伝えることが出来るよう頑張ります」 
「歌とのつながりを強く表現したアニメーションにしたいと思います。人と人とのつながり、思い出の大切さなど、伝えたいことをしっかり入れて、先輩が作ってきたことに続き、良い作品にしたいです」 
「貴重な体験ができる機会を作ってくださってありがとうございます」
「初めてのグループ制作なので、良い作品になるように頑張ります。よろしくお願いします」 
「ウタのタネの皆さんのライブと私たちのアニメーションがそろって、初めて1つの作品になると思うので頑張ります!!! よろしくお願いします」 
「サキちゃんとおばあちゃんが歌って、ステージが始まる。すごくいいオープニングだと思います。観ている人が自然にステージに入りこめる様な気がします。今日はプレゼンを見ていただきありがとうございました」 
「アニメーションと歌がいい感じに調和した作品になるように頑張りたいです」 
「歌にたいしての情熱がすごく伝わってきました。そういう情熱を持った人たちとかかわることができてとてもうれしいです」 
「ライブが成功するように私たちも全力で頑張ります。これからもよろしくおねがいします」 
「ウタのタネのコンサートが成功するように私もみんなと協力してアニメーションで力になりたいと思います。出来上がるアニメーションを楽しみに待っていてください」 
「人にメッセージを伝えることは難しいことですが、アニメーションで伝える機会を作ってくださった寺尾さんに協力して一生懸命作る気持ちが湧いてきました」
「素敵な機会をくださってありがとうございます。良い作品を作れるよう励みます」 

今回の
6つのライカリールを見ていただいて、柱になる絵コンテが選出される。そこに、印象に残った表現を加えて決定稿を作り上げる。
その選出の返事がくる間、1年生たちは作画を行い動画制作に向けてのウォーミングアップを行なう予定。

プレゼン終わり 

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1580-1871075f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる