Entries

節電vsロンドンオリンピック

節電パソコンの
ディスプレイの明るさの調節で、パソコン使用時の節電が可能。
ディスプレイは電力消費量が多いので、輝度を落とすとことで節電につながる。
液晶ディスプレイは明るいるので少々暗い設定でも仕様にさほど不便はない。知らずしらずのうちに、けっこう明るい設定にしてしまっている場合が多いかも。

パソコンの省電力を考える時に
システム終了(シャットダウン)とスリープ(スタバイ)の使い分けが節電につながるのかどうかが気になる。
電化製品は電源を入れたときと終了するときに多く電力を消費するはず。パソコンも同じはず。
しかし、スリープはメモリーにデータを保持してわずかに電力を消費している。

日本マイクロソフトによると
待機状態(シャットダウンかスリープを使って電源を切っている状態)の長さによって、シャットダウンとスリープのどちらが省電力になるか変わるという。
シャットダウンとスリープの積算電力量が同じになる時間より短いならスリープ、長いならシャットダウンの方が節電につながる。
この時間はパソコンによって40分~1時間50分と幅が広いが、1時間45分前後が1つの目安となる。
1時間パソコンを使わないのならスリープ。
2時間以上パソコンを使わないのならシステム終了(シャットダウン)する、といったように使い分けるのがよいそうだ。

家電の節電のためにやるべしランキング
1位:テレビを消す(220W)
2位:白熱電球を3個消す(162W)
3位:エアコンを1台消す(130W)
4位:白熱電球を省エネ照明に変える(126W)
5位:エアコンの設定温度を2度上げる(52W)

だそうです。
エアコンが節電の敵のように言われるが、モニターやテレビを消す節電効果はエアコンの約1.7倍にもなる。

テレビといえば夜更かしオリンピック観戦も考え物
とは言っても、気になる日本人選手の活躍。
柔道から始まって期待の種目で金メダルを逃し、最悪の大会!という印象からスタートしたロンドンオリンピックですが、いちばん輝きのある色のメダルは二つだけど、伏兵、というか、さほど注目がされていなかった競技や選手の頑張りや、銀、銅メダルの獲得で、ついついテレビ観戦に熱が入ってしまう。

番組もずるい!
「このあと○○選手登場!」なんてスーパーを表示したりアナウンスして。
なんとか、チャンネルを変えさせない作戦。
複数の局で同時進行で別競技を中継しているので、あっちこっちチャンネル切り替えながら、気がつけば深夜、朝方。

選手が
頑張ってくれた分、翌日の朝のワイドショーも仕事が終わって帰宅後の報道番組もはしごで見て、電気代も体力も夏バテだ!
すでに、観戦中毒になっております。





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1639-1b01ab55
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる