Entries

ティム・バートン監督が「すばらしい!」と言ってくれた

ティムバートン絶賛ディズニーの
新作アニメーション映画『フランケンウィニー』の宣伝で来日されている、ティム・バートン監督が、見て、絶賛してくださいました。
何を見てかと言うと、アニメーションのエクステンション講座で、アニメ音響講座を担当している植村泰之先生が作った、ストップモーションアニメーションの話です。

植村先生は
普段は、アニメーションの制作活動と、関西でアニメーションを創作している個人の作家たちの、上映のプロデュースを行い、大阪北堀江のギャラリー「ART HOUSE」で毎月定期的に上映の機会を提供したり、発表の支援やアニメーションのメディア的なサポートも行われている、制作集団「PEAS(ピース)」の主宰をされている、アニメーション学科の講師です。今学期は、エクステンション講座で、「アニメーション音響講座」を担当。学生たちに、アニメーションの音の大切さと、アドビのソフトを使って、作曲したり演奏したり、効果音を創作したり、オリジナルのアニメーションの自分の音を録音するテクニックを指導してくださっています。

植村先生 

その植村先生が、先日、毎日放送(MBSテレビ)の関西情報番組『せやねん!(毎週土曜日の9時25分)』から、アニメーション制作の依頼を受けました。ティム・バートン監督が、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ジャイアント・ピーチ』『コープスブライド 』そして、今回の『フランケンウィニー』でも使用した、ストップモーションアニメーションで、番組のオリジナルアニメーションを制作して欲しいという依頼です。

依頼MBS ティムバートンに会える? 

関西で人形や立体のアニメーションを
専門に取り扱っているプロダクションや作家はいないに等しく、MBSも必死で探して大変だったでしょう。
かつては、野原三奈さんといったODCの卒業生がフリーで活躍されていましたが、横浜に行っちゃった。

あちこち情報をかき集め「PEAS」 にたどり着いたんですね。
仕事を募集している植村泰之先生、1週間ほどの短期間で制作という厳しい依頼ですが、ウォルト・ディズニー・カンパニーとコラボレーションができる機会を手に入れる事ができるチャンス!と、引き受けたそうです。

完成した作品は
先週の番組でとりあげられ、放映されました。

録画のビデオを、みんなで見ました。

植村先生1 植村先生2 

先生の顔が
画面に登場すると、「うぉー」と歓声。

植村先生3 植村先生4 

制作風景が紹介されました。

植村先生5 植村先生7 植村先生8 

ティム・バートンの技法のように
あらかじめパーツのバリエーションを豊富に用意しておいて、セル替えする要領で、表情を動かしたり、唇を動かしたりして作成。

パーツ 

ストップモーションアニメーションは、撮影に時間がかかるんだ。
トミーズの健さんをキャラクターにした「せや犬」です。

1週間 


出来上がったアニメーションは、ティム・バートン監督に見ていただき、「すばらしい!」の賛辞をいただきました。

すばらしい! とてもいい 

これを機に、ティム・バートン監督から、仕事の依頼が来ないかなあ
と、植村先生。

ティム バートン監督 

ティム・バートン監督
このブログを見てくれていたら、植村先生に連絡してください。ウォルト・ディズニー・カンパニーの方でもかまいません。
「PEAS」のホームページ、こちらです↓
http://peas-animation.com/

ぜひ、学校にも訪ねてきてください。よろしくお願いいたします。
あっ、ご来校のおりには、ぜひ、ジョニー・デップさんも一緒にいらしてくださると、感激!
I welcome you.
Come by all means.

現在
パペットツール「アニメ音響」エクステンション講座では、音楽に合わせてキャラクターを動かすテクニックを学習中。
とは言っても、複雑なキャラクターの造形を、1枚1枚描写して動画を用意すると、描くことに時間をとられてしまうので、今回は、Adobe After Effects(アフターエフェクト)のパペットツールを使用。押しつぶしたり引き延ばしたり、パペットピンを利用してやれば、カットアウトアニメーションのような動きを作ることが可能です。
動きの質を問う演習ではなく、音のタイミングと動きを会わせるテクニックにチャレンジすることが目的なので、「キャラクターデザインを凝らないように!」という呼びかけ。
本日の講座で、キャラクターを作ってピンを打ち、動かす素材を完成。来週、音楽とシンクロさせて動かすことにチャレンジします。

パペットピン1 パペットピン2 
パペットピン3 パペットピン4 パペットピン5 パペットピン6 
パペットピン7 
パペットピン8 パペットピン9 

普段、手描きで動画を描いているアニメーション学科の学生も、コンピュータに計算させて画面に現れたいつもと違う妙な動きに、新鮮な感動を持ちました。
エクステンションだからできた、デジタルな動きの体験でした。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1737-a6b458a9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる