FC2ブログ

Entries

立体構成・野菜果物を作ります

キャラクターデザインクラス 
0899立体構成1の実習授業、わたくしの後期の担当授業は立体構成
クレイなどを使って、キャラクターやモノを立体造形するんだよ。 

課題1は
粘土で野菜や果物を模写造形します。
本日は、そのための準備。自分が制作する野菜・果物を、アクリル絵具を使って、デッサンしました。 

形のデッサンと陰影のデッサン
については、前期の木炭デッサンで学習しました。
この授業では、さらに色彩を使って描写していきます。
色の明暗と鮮やかさ、色相を使って、対象のイメージを再現していきます。

0899立体構成2モノの 
かたさややわらかさ、重さ、手触りの感触、新鮮なのかそうじゃないのか、キズ、汚れなど、単なるぬり絵に終わらないように、対象のらしさをしっかり観察し描写し、デッサンしていきます。 

マンガのように
記号表現で、線を使って描いていく技術も必要ですが、こだわって描写することも必要です。 

キャラクターデザインの
学生たちが目指すゲーム業界は、3D表現が主流になりつつあります。
画面の中はますますリアルに表現されたものになっていきます。
そのときに必要になってくるスキルは、ぬりえのテクニックではなく、どれだけこだわって描き込んだかということや、それによってどんなムードや雰囲気を表現できたかということ。
まさに、デッサン力なのです。

CGを使えば
写真のように再現することも可能ですが、人のこだわりや観察力と描写力を使えば、CG以上にらしさを表現することが可能です。
絵画の素晴らしさはそこにあるはずです。
どんな画材を使ったか、どんなCGソフトやツールを使ったかということよりも、デッサン力なのです。

0899立体構成3 0899立体構成4

来週
本物のように、野菜や果物を粘土で再現するわけですが、塗装、ペイント、着彩はとても大切な作業になります。
今回の課題は、それに向けての予行演習のようなものです。

0899立体構成5 0899立体構成6 0899立体構成7 0899立体構成8

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/188-9dcac342
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる