Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1901-2e0a910b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

リュック・ベッソンvsジョン・バダム

映像演出論で
カット割りの集大成として、「編集」と「モンタージュ」について学習。
映画表現の発達史の時系列にそって紹介していくと、まず、直列モンタージュ。1900年代の早い時期に、自然と登場した当たり前な見せ方。(その頃の映画は、まだ、ワンシーンワンカットお作り方だったので、カット割りというよりも、時間の順にシーンを並べただけでしたが)
つづいては、時間を自在にあやつることを可能いした、映画らしいモンタージュで、交互のモンタージュ(カット・バック)と回想のモンタージュ
交互のモンタージュは時間の同時性を表現し、回想のモンタージュは時間を過去に戻す表現が可能。
最後は並列のモンタージュ。画面とそれと対立する別の画面との連続によって生じる整合や矛盾が、新しい意味を生みださせるというもの。ロシアの映像作家、プドフキンやエイゼンシュテインたちが唱えた表現。

ヨーロッパ映画に見られるモンタージュ (montage) と、ハリウッド映画に多い編集(editing)を比較すべく、リュック・ベッソン監督の『ニキータ』とジョン・バダム監督の『アサシン 暗殺者』を鑑賞。

ニキータアサシン


かつてふたつの作品を教材にして、授業したことがあります。
http://odcanime.blog40.fc2.com/blog-entry-667.html
http://odcanime.blog40.fc2.com/blog-entry-668.html

リュック・ベッソンの画面は、構図(サイズ、カメラポジション、アングル)のバリエーションが素晴らしい。モンタージュのための素材が優れていると、素敵なモンタージュが生まれる。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1901-2e0a910b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。