FC2ブログ

Entries

DVD『最強のふたり』

『最強のふたり』(2011年 仏)
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演者:オマール・シー、 フランソワ・クリュゼ

タイトルのとおり
主人公はこの二人。

最強のふたり

車椅子の
資産家の身体障害者と、その、介護人となった貧困層の黒人移民。

黒人移民の青年の成長話し、とせずに、タイトルのとおり、「ふたり」を主人公にした物語であることが、映画に深みを作っている。

ふたり共、褒められるような人間ではないところが良い。

事故によって頸髄損傷で体が不自由になったフィリップは、相当な大富豪。人の良さそうな年配者。クラシックを聞き、絵画にも精通しているよう。したし、けっして人格者ではなさそう。傲慢で見栄っ張り。(だから、これまでの介護人は長く続かないんだ)
象徴的なのエピソードは、想いを寄せる文通相手の女性に自らの障害を明かすのをためらい、自分が健康だったころの写真を彼女に送る。

スラムに住む黒人青年ドリスは職に就く気は全く無い。失業保険の給付が続くために必要な就職活動の証明を手に入れるためだけに面接を受けてまわるなど、法の隙間を利用して役所から金を手に入れるような奴。
雇ってくれた家の主人の大切な卵の置き物を盗み、嘘をつき、返すチャンスも台無しにする。

時に弱気になるところもあったりと、欠点の多い二人だが、それだからこそ人間味を感じ、愛らしく感じるのでしょう。

いいかげんなドリスであるが、夜中に発作がおきたフィリップの顔を包み込んで「大丈夫、ゆっくり深呼吸して」と話しかける優しさは本物。フィリップも、そんなドリスを信頼する。

二人の関係がきれいごととして演出されていないところも良い。
必要以上に障害者を特別扱いして世話しているのではない。 雇用者と非雇用者の立場ではなく、友だちとして労わっている。
台詞も楽しい。
「これは健常者用のチョコだから、あんたにはあげない」友だち同士だから嫌味がない。見てる方も笑ってしまう。腫れ物に触るような同情や気遣いが無用なのだ。

原題はフランス語で「Intouchables」。
「本来は触れるはずのない二人」みたいな意味。
そんな二人が、友情でつながった。
社会的には“最弱者”のふたりだが、出会うことのなかったふたりが出会い、友情でつあがり、“最強のふたり”となった。


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/1953-f4b65a56
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる