fc2ブログ

Entries

後期は祝日振り替え休日ラッシュ

新学期の
9月、10月、11月の月曜日は、休日が多く、授業運営が大変です。
授業がとびとびで行なわれえたり、週数が少なかったり…。

キャラクターの
1年生は、デッサンの授業が月曜日に時間割に組まれているのですが、彼らは観察の集中力の持続に苦労しているようです。
何人かの学生は、授業のない土曜日に自主登校して、石膏デッサンに精を出しています。

「デッサンの授業が、休日で飛んで(抜けて)、良かった」とは思わずに、描ける時間を失ったと感じ、描けなくて不安を感じているならば、それは、とても大切な感覚です。
描く体質描きたい体質が育った証拠です。

自主登校1 自主登校2

デッサンの基本は
観察です。ということは、どれだけ対象お石膏と向かい合った時間を過ごしたかということは、とても大切なことです。よく見て描くということが、デッサンの基本なのですから。

後期の
石膏デッサンは、鉛筆による描写が課題です。
面取りが終わって、丸像が対象ですが、形をついつい線でなぞってしまう学生が多いです。
さすが、マンガ世代
何でも線で表してしまうことは、スケッチのテクニックとしては大切ですが、立体である石膏像を、三次元の物として描写するためには、面取りで学習した、様々な面の組み合わせを描き分けなければなりません。そのためには、面の明るさを描き分けることです。面取りした面のひとつひとつを、鉛筆で表現できる濃さ(暗さ)の諧調をつかって、描き表していかなければなりません。
言わば、陰影を描写しなければならないのです。

面で描く1 面で描く2

修正するのではなく
学生と同じ視点で描いた見本を、目の前で描いて見せて、横に並べてアドバイスしました。

アドバイス

前期、何のために、面取りしたのかに気づきましょう!

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2005-2a2c85e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる