Entries

アニメーション講評会

森本晃司監督CASO展覧会の
最終日、CASOにて午後1時より行われた、「未来ニュース発表会&アニメーション卒業制作作品講評会」。
講評のゲスト講師は、卒業生・森本晃司監督。
監督とお呼びすれば良いのか、森本さん、森本氏が良いのか… アニメーション監督だけでなく、昨年は、演劇『羊人間012』を発表。映像作家、ビジュアルクリエイター、アートディレクター、プロダクトデザイナー、幅広い活躍をされています。

森本さんに
講評会していただくのは、昨年に続いて2回目。
今年の2年生は、これまでの学年の中で、一番、森本監督と接触のあった学年になりましたね。

入学の年の夏の、「未来ニュース」の最初の打合せから始まって、創立50周年記念イベントと秋の学校祭、昨年春の卒業制作の企画アドバイス会、そして、この日。
森本晃司大好きで入学して来た学生たちにとっては、たまらない2年間を過ごせたと思います。

最初のプログラムは
森本晃司監督をアドバイザーに、1年半かけたアニメ制作プロジェクト、「未来ニュース」。
未来には、こんな出来事、事件が起こっているのではないかと、学生たちがイマジネーションをふくらませて制作した課外活動アニメーション制作。
指導に関わった花谷先生から、プロジェクトの趣旨と経過について報告。
森本監督から、プロジェクトを振り返ってのコメントをいただきました。

花谷&森本晃司

そして完成作品のお披露目です。

未来ニュースお披露目

レギュラーの授業や課題制作の合間をぬっての課題活動制作。
学生たちにとっては厳しいスケジュールと作業でしたが、こうやって、森本さんや大勢の方たちの前で発表することが出来ました。

森本晃司監督からは、「続けてやろうよ」と言っていただけました。
この春に入学して来るアニメーションの新入生たちに、バトンタッチしてほしい思いが、森本さんの言葉で伝えられました。

2年生のみんなが、第一歩をしるしてくれたからだね。

プログラム第2部は
個人制作の講評会。

森本晃司監督に「作品を見てもらって、ぜひ、感想をいただきたい!」という2年生と、遠慮してたけど「見てもらえ!」って無理矢理対象作品に入れさせられた2年生が、森本さんの前でプレゼンを行い、コメントを聞きました。

2年生たち、昨年の講評会を見学して、厳しいことを言われる現実を目の当りにして、ビビってしまい、最初は誰も参加の挙手をしなかったんだけど…。
でも、プレゼンメンバー諸君。プロであり、監督であるMORIMOTOさんから、言葉をいただいて良かったでしょ。

森本晃司監督からのエール らっかせい

最後のプログラムは
グループ制作の発表です。

ヒーロー班『COPY戦隊』作品紹介です。

グループ制作森本晃司 晃司MORIMOTOグループ制作

サーカス班『KEEP OUT』作品紹介です。

大谷さんと森本晃司

森本晃司監督と
2年生たちの記念集合写真。

森本晃司監督と後輩たち 後輩たちと森本晃司監督
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2135-92411dd1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる