Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2187-31a49b17
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

デッサン【アトム&大顔面】

キャラクターデザイン学科も
アニメーション学科も、デッサンの実習授業がカリキュラムに用意されていて、1年生は、石膏像を教材にして学習していきます。

私がかかわっているクラスでは
最初に、とっつきにくい石膏像から離れて、マンガのキャラクターを教材にして、デッサンの観察の基本について学習してもらいます。

アトムでデッサン基礎

毎年、学習していることなので、以前に更新した記事をチェックしてみてください。
http://odcanime.blog40.fc2.com/blog-entry-781.html

計り棒の理屈 

新入生の
前期のデッサンは、大顔面の面取りから始まります。
画材は木炭を使用。

大顔面のデッサン 

正しいイーゼルのセッティングは
制作者と対象の大顔面の間にイーゼルを置かないということです。
イーゼルのセッティング2必ず制作者は対象に正対すること。イーゼルは自身と対象を結ぶラインから少しずらし、制作中の目を動かす距離を最小にします。
石膏像に正対して座った時に、イーゼルにかけた作品の画面が、視野に入ってくる斜め位置に、イーゼルを置くのが理想です。
 利き腕の側に、イーゼルは置きます。
そうすれば、体をねじって描くことにならなくてすみます。

デッサンの最初のテーマは
描くことではなく、観察することがテーマです。
イーゼルにかけた作品に正対して座ると、対象であるモチーフを見ずに制作することになります。
これでは、観察にはなりません。

制作中は
背筋を伸ばします。
猫背で描くと、観察する視点のポイントが一定しないからです。

イーゼルの位置と制作の姿勢は、とても重要です。

キャラクターのクラスは
比較的、人数が少ないクラス。寂しい人数ですが、この、デッサンの授業では、対象の石膏像を独り占めするように制作することが出来ます。

実習の途中で、このように、合評会する時間も作れました。

 途中合評2 途中合評1 

先週の
第1回目の授業では、イーゼルのセッティングや、観察の仕方についてのレクチャーが中心でした。
今週の第2回目は、制作の進め方のレクチャー語、さっそく描き始めました。
来週は、さらに描き進めていき、第4週目で採点と合評会です。

制作1 制作2 制作3

大顔面
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2187-31a49b17
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。