Entries

線画台で体験実習

以前は
16ミリカメラを乗せて、コマ撮り撮影でフル活用していた撮影台。アニメーション撮影スタンドです。

コマ撮り1この日の
アニメーションの体験入学「なんでも講座」は、4名が参加。うち、2名は、すでにAO入学のエントリーの手続きが済んでいて、もう一人も、複数回、実習授業に参加している。
なので、こんな実習、他の専門学校では絶対に体験できないという、とってもユニークな授業を用意しました。

描いて動かすのではなく、物体をコマ撮りして動かすアニメーション。

地下3階の撮影室に移動して、コマ撮り撮影に熱中してもらいました。

他の専門学校では
絶対に体験できないと言いきれるのは、撮影台を使っている学校が大阪にはないから。
テレビアニメの撮影はデジタル化され、セルアニメ最後のアニメ作品「サザエさん」さえも、昨年10月6日の放送作品からデジタル制作に完全移行され、アニメ制作会社から姿を消してしまった線画台。
線画台1大阪デザイナー専門学校は、関西で一番古い、アニメーション専門課程の教育を導入した専門学校。その他の学校は、アニメ制作がデジタル化され始めたころに設立したので、パソコンで制作するシステムしか知らないのである。
代々木アニメーション学院といった、早くからアニメ教育を導入した学校もあったが、大阪の学校は、絵を描くだけの専門課程しか用意していないカリキュラムで、撮影して映画を作る発想が全くないアニメーター養成各種学校であった。
確かに、アニメーターという職業人は撮影台の前には立たない。シャッターを押すことはない。ファインダーさえ覗かない。
現場では必要ないから、それはカメラマンに任せておけば良いから教える必要がないという判断なのでしょう。
しかし、勉強という視点で見るとどうなんでしょう。

勉強・研究の
本場である大学でさえも、アニメーションをマンガの延長としてしか認識していない学校が多く、「動画を描く技術さえあればアニメは作れる」といった誤った認識がまかり通ってしまっている。
大学こそ、今も昔も知ることができる、こういった機材や資料を大切にしてほしいのに。

ODCの
アニメーション学科では、フィルムやセルこそ使用することはなくなりましたが、ビデオカメラを積んで、今でも稼動させています。
この日は、描かないアニメを体験してもらいましたが、コマ撮りを体験することは、動きのタイミングについて学習するのに、非常に適した実習です。

線画台2 線画台3 線画台4 物体アニメ
パソコン画面 

かつて
フィルムでは、現像して試写するまでは、どのようにに写っているか分からなかったが、ビデオを使うと、撮影時にモニターできるので、便利になった。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2261-1cc8c894
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる