Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2491-6f5f4d14
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

青弓社出版『政岡憲三とその時代』

政岡憲三は
戦前から戦中にかけて、日本でアニメーションが漫画映画と呼ばれていた時代に、アニメーションを制作した代表的な人物。制作された『くもとちゅうりっぷ』(1943年公開)は、戦時下に制作されたにもかかわらず、戦争色を感じさせることのない詩情あふれる作品で、アニメ史においても、作品としても高く評価されている。

昨年の秋
TV番組『開運なんでも鑑定団』で、政岡憲三氏のアニメーション原画と絵コンテの発見が報告がされたが、政岡氏に関する研究のほとんどは作品分析であり、政岡憲三氏本人についての研究については非常に限られている。

政岡憲三とその時代表紙このたび
萩原由加里さんが『政岡憲三とその時代 「日本アニメーションの父」の戦前と戦後』 を新刊。
あまり知られていなかった政岡憲三本人の足跡にスポットを当てて、フィールドワークで取材してまとめられた、とても興味深い一冊。

萩原由加里さんは
立命館大学、甲南女子大学ほか非常勤講師。共著に『京の美学者たち』(晃洋書房)、論文に「京都におけるアニメーション制作――J・O・スタジオ・トーキー漫画部の活動より」(「Core Ethics」vol.5)、「童話から漫画映画へ――『くもとちゅうりっぷ』についての試論」(「甲南国文」第60号)。

5月の
アニメーション学会日本支部の研究会は、その萩原由加里さんをお招きして、刊行記念のセミナーを開催。

著者萩原さん1 著者萩原さん2
講演タイトル
淡路島由良町


長い間
思い出すことができずにいた、亡政岡憲三氏の、参列させていただいた告別式が挙行されたお寺さんの名前を思い出すことが出来、個人的にも刺激的な研究会だった。

アニメ1年生も公聴する
席が高いのか背が低いのか

『くもとちゅうりっぷ』の
嵐には、政岡憲三さんの、実体験が色濃く反映されている可能性が大いに感じられ、人間・政岡憲三を身近に感じることが出来、過去への想像がふくらむ。

くもとちゅうりっぷ 嵐のシーン

京都の美術学校に在籍していた証拠となる同窓会名簿。。『くもとちゅうりっぷ』の舞台とも言える、淡路島で生活されていた事実、背景に描かれていた様々な花のイメージ。
政岡憲三の創作についての、様々な、具体的な事実。

バラの花

大阪で
家族だけで執り行われた小さなお葬式でしたが、埼玉県越生霊園に、墓石と動画誕生の碑がたてられているそうです。

動画誕生の碑


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2491-6f5f4d14
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。