Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2598-7c3479dc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

チコタン-ぼくのおよめさん-

アニメーション1年生の
後期「アニメ概論」の授業の第1回目は、アニメーション作家・岡本忠成さんの作品研究。

岡本忠成さんは
大阪出身のアニメ作家。豊中市の生まれです。
阪大を卒業してサラリーマンをされ、日本大学芸術学部映画学科に編入学。卒業制作はアニメーションを作られました。
人形アニメの巨匠イジィ・トルンカ氏に見せられ、人形アニメーションを勉強しようと決めたんだそうです。
旧チェコスロバキアに渡り、 盟友・川本喜八郎さんと、トルンカ氏に師事。
帰国後、「教育映画の枠を越えた内容と技術による短篇アニメーションの製作」を目指した。
実際、布、板、毛糸、セルの表からs着彩したり、様々なスタイルと素材でアニメーションを制作した。
1972年から、「川本+岡本パペットアニメーショウ」を開催。当初の5年連続公演という目標を1976年に達成し、やや間をおいて1980年の第6回まで続いた。

チコタン私が学生だったとき
在学中に、神戸で行なわれた、「川本+岡本パペットアニメーショウ」を観賞している。
森本晃司や小林哲也、遊部康雄といった同級生たちと、見に行った記憶がある。
ということは、上記の第6回とは別の時期のイベントで、岡本忠成さんや川本喜八郎さんの作品に初めて出会ったのだろうか。タイミングとしては、1979年のどこかで見ているはずだから。
会場のポスターには「パペットアニメーショウ」と、確かに書かれていたように思う。
ただし、自分たちは、パペットショーのプログラムは見ずに、アニメーション上映のプログラムのみを目当てに見に行った。

たまたま出会った

プログラムの中に、アニメーション「チコタン-ぼくのおよめさん-」があり、見終わった後に、これまでのアニメーションに対する概念を、大きく変える衝撃を受ける体験した。

その
アニメーション、「チコタン-ぼくのおよめさん-」を、自分が担当する授業の中で、必ず見せるようにしている。
自分が、この作品と出会ったときと、同じ世代、タイミングで、生徒たちにも見てもらいたい。
同じ衝撃を、あじあわせたい。

チコタン笑てる
教材でこのようなアニメーションを見ることが出来る学校って、そんなにあるわけではない。
大阪デザイナー専門学校アニメーション学科の、歴代の学生たちが見てきた岡本忠成さんの作品、「チコタン」。
記憶に残る作品のひとつにしていただきたい。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2598-7c3479dc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。