Entries

『リトルプリンス-星の王子さまと私-』

フランスで制作された
11月から上映中の映画『リトルプリンス-星の王子さまと私-』を観た。(日本での配給はワーナーブラザース)

リトルプリンス

リトルプリンス監督 - マーク・オズボーン
脚本 - イリーナ・ブリヌル、ボブ・パーシケッティ
ストーリー統括 - ボブ・パーシケッティ
キャラクター・デザイン - ピーター・デ・セヴ
美術 - ルー・ロマーノ
共同美術 - セリーヌ・デルモ
CGキャラクター監修 - 四角英孝
CGアニメーション監修 - ジェイソン・ブース
CG照明監修 - アデル・アバダ
ストップ・モーション・クリエイティブ監督 - ジェイミー・カリリ
ストップ・モーション美術/キャラクター・デザイン - アレックス・ユーハス
ストップ・モーション・アニメーション主任 - アンソニー・スコット
編集 - キャロル・クラヴェッツ・エイカニアン、マシュー・ランドン
音楽 - ハンス・ジマー
共同音楽 - リチャード・ハーヴェイ

日本人クリエーターが製作メインスタッフ・CGキャラクター監修で関わっています。
四角英孝(Hidetaka (Hide) Yosumi)さん。
大阪出身だそうです。
アニメ『Valiant』(05)でソフトウェア・エンジニアを務め、映画界でのキャリアをスタートさせた。その後、移籍したディズニーで、『ボルト』(08)のキャラクター・テクニカル監督を担当。才能と可能性を見出され、『塔の上のラプンツェル』(10)の主人公ラプンツェルの非常に複雑な髪の毛を監修する役割を任せられた。それは同業者たちからは不可能だと考えられていた仕事だった。その出来ばえは今でも驚異的な技術による偉業で、ユニークなアニメーションの成功事例だと見なされている。そのほかに手がけた作品には『シュガー・ラッシュ』(12)。

ディズニーの『アナと雪の女王』への参加を声掛けられていたんだけど、『星の王子さま』のアニメ映画化の方を選択したんだって。

このことについてのインタビュー記事は
Web産経ニュース〝「アナ雪」蹴って「星の王子さま」を選んだ大阪出身クリエーター 「非対称」でディズニーにない手作り感〟で紹介されています。

映画は
CGアニメとストップモーション・アニメによって制作されていて、シーンによって手法が使い分けられている。
主人公の女の子が暮らす現実世界のシーンはCGアニメ。
女の子が想像する星の王子の世界のシーンはストップモーション・アニメ。
画面は美しく、コマ撮りアニメーションも、CGでそれらしく作られたものだと思って見てしまった。
罪なコンピュータグラフィックス。

作られた画面なのか
本物の画面なのか、もう、どうでもいいような最近の映像。
どんどんリアルになっていく画面作りに、「はたしてこれでいいのか」とも思ってしまう。

だけど
アニメーション大好き人間として、見てて安心を感じたのは、リアルな画面ンにリアルな動きというわけでなく、マンガの動きやタイミングがちゃんと継承されていたこと。

キャラクターの性格や設定にもとづいた、登場人物の動作は、生身の人間の芝居以上に人物像を表現していて、見ていて楽しい。

24コマ、30フレームのフルアニメーションで動かしているはずなんだけど、3コマ撮りを感じさせるような小気味よい動きは、ライブアクションを単になぞらえたように作ったモーションキャプチャーの動きとは違う。

さらに
モンタージュやカット割りも的確。
アップショットとロングショットの絶妙な構成や、カット割りのリズムも素晴らしい。
画面作りのアングルや構図も自在で豊か。

物語やテーマには
とびぬけた新鮮さはなかったが、心地よく楽しめたアニメーションだった。

とても好感をもてた
作品に思えたのは、手作りで撮られたシーンが、交互に入ってくるからなのだろうか?
最近のコンピュータアニメやゲームにうんざりしている人にも、心地よく見てもらうことのできる作品だと感じました。

気になった
ことは一点。
海外のアニメーション、特に3D制作されたアニメーションのキャラクターって、どうしてみんな、同じような困った顔の表情を使うのでしょうか?

眉毛が下がった、あの表情です。

下がった眉毛


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2657-7a567d4f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる