Entries

キャラクター職業実践課題

キャラクタークラスの
1年生たちの実習授業は、年が明けてから2課題が用意されています。

ひとつは進級制作課題。
もう一つは、私が担当、職業実践実習課題です。

いつも
ネジキャラコンテストでお世話になっている、大阪日本橋のネジのデパート「ナニワネジ」からの依頼。
社員の皆さんをキャラクターデザインするという課題です。

依頼

まずは
スケッチから。

ペンタブを
使って、マツダブックにスケッチする感覚で、さらさらと描き出す学生もいます。

ペンタブですらすら

パソコンが鉛筆、スケッチブック代わりの世代です。

ペンタブが鉛筆と紙感覚

これが普通になりつつある今日です。

失敗したら
簡単にひとつ前に戻って(タイムマシンで過去に戻るかのよう…)、失敗をなかったことにできる、イメージを簡単に縮小拡大できる、移動できる、便利なのだ。
簡単に着彩できるしね。

着彩

デジタル便利。
ペンタブ、鉛筆感覚。

スケッチ1

でも
アナログスケッチの良いところは、失敗も残るし、後から見直すのも簡単です。
アイデアスケッチなんだから、失敗も大切。目に見えるカタチで残っていくことって大切です。

キャラクターデザインする
ということは、似顔絵を描くことではありません。

当人と同じ人格や個性、特徴をもった、人物を創作するのです。

スケッチ2

いろんな表現の仕方があったり、性格も一言では、なかなか言い表されないものです。
いろんな面を持っているのが人間。そのすべてを表現するのは至難の業。

キャラクターデザインするということは
いくつものその人の特徴の中から、必要なものを、整理して、選んで、イラストレーション化していかなければなりません。

スケッチ3 スケッチ5

ナニワネジの
社員の顔を描いていたんだけど…
「これ、○○先生に似てしまった」って、女子が騒がしい。

三上先生に似てしまった

先生の、いつもの服装を描きくわえたら、まさしく○○先生になってしまった。

みかみせんせい

「わたし、明日、先生たちの前でプレゼンしなきゃいけないのに、○○先生と目が合ったら、思い出して、大変なことになりそう!」って、騒ぎ始めました。

平和な教室のひとコマでした。

平和教室


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2690-d25e87d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる