Entries

Gakken科学と学習

クルピカ! アニメマシン (科学と学習PRESENTS)を購入した。
梅田界隈の書店を探し回って、紀伊國屋書店梅田本店で探し当てた。

紀伊國屋書店

紀伊國屋書店
梅田本店に来るのは久しぶり。
小学生の時は、ポプラ社の少年探偵シリーズを買いに、よく利用した書店。
近所の書店では、店頭に並んでいなくても、ここに来れば手に入る。
交通費がかかっても惜しくない。

とは言っても
45年前とは、書棚の配置も変わってしまっている紀伊國屋書店梅田本店。

目的の
賞品は、うんと奥の突き当たり。

児童書エリア

おもちゃ扱いされてるんだ。

クルピカ!アニメマシーン
すなわち、ゾートロープのこと。

商品の情報は↓
http://hon.gakken.jp/book/1575057400
学研出版サイトです。

内容の詳細は↓
https://kids.gakken.co.jp/kagaku/mag_kagaku/kg_presents/21_animemachine/
キットの紹介、遊び方が画像付きで紹介されているよ。

クルピカアニメマシン キット内容

作ってみた。

作ってみた1

単4電池3本が電源。

単4電池

電源のON/OFFのスイッチがついていないのは不便。
電池の脱着で回したり止めたりしなければならない。

オレンジ色の
ハンドルを握ると、バネの仕掛けで円盤が回転するんだ。

ハンドル

だから、定速で回転するわけではない。

LEDの
点滅で、動画の1枚1枚を間欠的に見ることができる。
スリットをとおして見る必要がない。
ストロボユニット、この仕掛けが魅力
ジブリ美術館の立体ゾートロープ「トトロピョンピョン」と同じです。

あらかじめ、動画が印刷されている付属のシートがついているが、オリジナルのアニメーションを作画して楽しむことも可能。
円盤の上に並べることが可能ならば、立体のアニメーションだって出来てしまう。
動画は、8つの絵の繰り返し。

回転 点滅

対象年齢8歳以上
なので、組み立てるのに20分もかからない。
キットに用意されているアニメを見て楽しむだけなら、小さい子供に見せても喜びそうだが、動画の原理を理解して、8枚の繰り返しアニメを作画して、オリジナルを作って楽しむのは大人でも難しいかも。

かつて
学研教育出版(学研グループ)から刊行されていた小学生向け学習雑誌「科学と学習」の「○年の科学」の付録。
昔は申し込みして学校で手に入れる仕組みだったが、販売方法に保護者たちからクレームがつき、学校での販売を中止し、家庭での直販に変わっていった。
1990年代以降は少子化や共働き世帯の増加による在宅率の低下、価値観の変化等の影響で購読する児童が減少。
時代の変遷と共に刊行形態に変更が加えられたが、児童向け雑誌は販売部数の減少に歯止めがかからず、「学習」は2009年度冬号、「科学」は2010年3月号を最後に休刊となった。
児童向けの企画は、付録をメインにした、こんな形で今も続いていたんだ。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2831-a520c315
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる