FC2ブログ

Entries

脳卒中を経験【北野病院リハビリ】

リハビリが始まった。
平日毎日。午前中は言語聴覚士ハルヤマ先生による、「話す」「聞く」「読む」「書く」というコミュニケーション能力の回復訓練。頭の体操と会話のトレーニング。
デイルームに車椅子で連れて行かれ、発語器官の運動訓練を行った。
「ぱぱぱ…」
とか
「ららら…」
同じ言葉を繰り返し発声するのが大変だった。
アイスクリームのキャンディのスティックのような木片で、舌を押さえつけられたり反発したり、口の中をいじられるのも大変だった。
文章の中から指定された文字を抜き取ったり、ルールにもとづいて点を線でつなげて行ったり、パズルにチャレンジしたり、何を見せられたか時間をおいてから思い出させられたり、脳をフル回転させなければならないことの連続で、毎朝のリハビリで頭が目覚めた。

昼食をはさんで
午後からは、4階のリハビリテーションセンターに車椅子で連れて行かれてエレベーターに乗って階下に移動し、作業療法士・小山先生による、指先や腕、主に上半身の機能回復訓練だったり、理学療法士・キタ先生による、体幹や姿勢、歩行といった全身運動の機能回復訓練。
理学療法についてはキャリアのあるもう一人の先生、野村先生もつききりで、毎回二人がかりで訓練に関わってくださった。
時々ベテランの大泉先生の助言を求めたり、いろいろ試された。

4階へ

作業療法のトレーニングの成果もあって、自由に動かせなかった左腕でもいろいろなことができるようになった。
最初は、三角錐のカップを左手でつかんで反対の場所に重ねていく動作も難しかったが、左手でつかんだものもかなり安定して持つことができるようになった。
理学療法のトレーニングでは、問題ない右腕を頼れば、立ちあがったり座ることも出来るし、歩行も出来る自信がついたが、先生からは「腕に頼らず、自分の脚で立って歩けるようになりなさい」と注意を受けた。肩甲骨を動かし、胸骨を開き、おへその下や骨盤の位置を意識することを再三聞かされた。

出来なかったことができるようになることがとても嬉しい。




スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2883-1fde7c8d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる