FC2ブログ

Entries

小型映画「アニメと特撮」

学内で
行方不明になっていた一冊、小型映画 High Technic Series5「アニメと特撮」を譲ってくださる話が突然まい込んできた。
思いもかけない嬉しい話。もう、手にすることもない技術書だと諦めていて、探すこともしなくなっていた一冊だったから。

学科は別の分野
ですが、先輩先生から「知人からですけど、役立ててくださるところにお譲りしてください」とあずかったものをこの度、譲っていただいたのです。

InkedKIMG5547_LI.jpg

古い本です。
いただいたその本の発行が昭和45年の発行ですから。

実際、自身がこれを手に入れたのは学生時代。
8みりフィルムで、仲間と映画を撮ったり、アニメーションの勉強を行っているころに購入したもの。

アニメや、ウルトラマンやゴジラの情報(もちろん、昭和の時代の情報です!)が記載されているので、とても、興味を持って読めた一冊でした。

KIMG5549.jpg

71ページ
から紹介されている「2.アニメテクニック・基本と応用」では、虫プロの『鉄腕アトム』のアトムを使った、アトムの6枚の走る動画をセル画で紹介。フォローのしくみと背景との関係も説明されている。
次のページでは、同じくアトムが、脚のロケットを噴射しながら着地し走り出す一連の動きを同様にセルで完成された絵で紹介。

さらに、数ページ使って、東映やおとぎプロからの資料を使って、動物のマンガの動きを6パターン紹介。鹿谷キツネ、魚やウサギです。

それ以外にも、柳原良平さんキャラクターデザインのアンクル・トリスのコマーシャルアニメからリミテッドアニメの動きの分析をタイムシート付きで紹介。

さらにさらに
アニメーターのための動きのバリエーションの紹介ページ。

人物の歩いたり走ったり。
歩き方も走り方も、芝居の演出を変えて、ワンパターンではなく、複数種類を紹介。
それ以外にも、四つ足の動物、鳥の羽ばたき、自然現象の動き等、種類は豊富。
見ていて楽しい。

「アニメートのための考え方」
については、動かして表現する動きの創作の基本について知っておくべきことがまとめられている。
ほんの数ページの紙面にも関わらず、記載されていることは、大切なことばかりだ。

アニメーションの〝スピード〟について。

自然界の約束事。

デフォルメーションについて。
これは、遠近感の誇張にかぎらず、動きの誇張についてもふくまれている。

アニメーションの作画の基本
については、中割りについて説明がされている。
「画のよせ」という言い方を使用しているが、ツメていくテクニックについてだ。
タイムシートについても触れている。
本格的だ。
あの、盛康二さんが紙面を担当している。

中割りについては、さらに別の担当者が、説明を加えている。
リピート(くりかえし)の技法までもが紹介されている。

記載されている資料は
今見ると、古くてどうしようもないものばかりですが、記事の内容は、今に通ずる、大切なことばかりで感動しました。

懐かしい
親友に再会したような思いを抱いて、改めて、月日の流れを感じます。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/2901-45611a27
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる