FC2ブログ

Entries

6/12デッサン

アグリッパ丸像キャラクターデザイン学科
の新入生の授業「デッサン」。
木炭デッサンの第3回目の課題です。
前期の最終課題となります。
前の2課題は、3週間の制作でしたが、前期最後の課題は、4週間の制作。
課題のテーマも、作品として仕上げることが目標です。
丸像なので、しっかりと陰影の描写を行い、石膏像の立体のイメージを描き上げましょう。
面取り像じゃなくなりましたが、線で描かずに面取りの意識を持って描き進めることが大切です。
マンガで使う、輪郭線は、作品のイメージから立体感を奪います。
楕円のボールような頭部、円柱の首部、そして胸部。
塊の組み合わさったものが目の前にある意識で描きましょう。
その塊も、すんなりとした真ん丸や筒の形状があるのではなく、でこぼこごつごつしたものです。
その、出っ張りや凹みの強弱を、陰影の諧調で表現していきます。
イラスト基礎の鉛筆演習で学習した、グレースケールの課題と同じことを行えば良いのです。

学生と一緒に私も描きました
用紙はMBM木炭紙。木炭は軟質のものです。本当は硬質のものが良かったんですけどね。

アグリッパ丸像木炭デッサン1 
胸部の最下部の幅を任意で決めて、それを頼りに、頭部のてっぺん、さらに額の辺りまで描き進め、つづいて顎、顔面の中央にある鼻までを描きました。
最初に描いた胸部に対して、頭部のてっぺんがほんの少し右に寄っていると判断。
目線の方向に少し空間を設けたいというのもあるので、すこし左に水平移動させ、構図を修正します。
同時に、頭部の髪の毛の集まっている辺りのボリュームが大きめに描かれていたと判断。
そのことで、顔面に並んだ両目を結ぶライン、唇を表現した水平線の連続(あおりのアングルなので右下がりのパースがついておりますが)が詰まった感じになり、下からあおったイメージを作る角度が足りていないように感じたので、修正して描き直した。

アグリッパ丸像木炭デッサン2 

アグリッパ丸像木炭デッサン3 

アグリッパ像は
ビーナス像に比べると、頭・首・胸のつながりに大きな動きがないので描きまとめやすい
頭部はちょうど、八角柱を立てたような立体のイメージなので、明暗の面の組み合わせをシンプルに理解できる。
おでこと鼻筋の正面を向いた面と耳がある側面の間に、もうひとつ中間の角度の面があると意識して描けば
比較的簡単に立体のボリューム感を表現できるはずです。

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/486-49be11d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる