FC2ブログ

Entries

2009年アニメーション学科夏季合宿【美術展見学編】

東京都現代美術館
「ウォルトが信じたひとりの女性」
メアリー・ブレア展

7月実施ならば、恒例の「三鷹の森ジブリ美術館」への見学で、卒業生が制作に関わっている、美術館オリジナルの短編アニメーションを見る予定でしたが、日程が変わり、美術館の休館日と重なり、見学を期待していた生徒たちにはがっかりでしたが、きっと、ジブリ美術館以上の素晴らしいものを見て、手に入れることができたはずですよ。

メアリー・ブレア展入口  

最近の
アニメーションを学ぶ学生たちに欠けている事があります。
とくに、今年、おおいに感じていることです。

絵コンテを描かないんです!

描けないのか? 描くのが嫌なのか? 描きたくないのか?…
もしかしたら、描く必要がないと思っているのか?!

メアリー・ブレア展1年々増えてきていますが
みなさん、キャラクターを描くのが好きなんですが、そればっかりで、背景やキャラクターをとりまく状況や情景や世界観に、あまり興味を示さない。
人物の絵ばっかり描いてます。
しかも、描きたいお好みの絵だけ。と言うか、描ける絵(マンガのキャラクター画)しか描かない。

だから
今年の、卒業制作のライカリールプレゼンテーションは無残でした。
鉛筆画のスケッチを並べたのを見せられただけのようで。

色彩がないし、画面にはキャラクターしか描かれていないんです。

メアリー・ブレア展22年生がですよ!
彼らが1年生のときに描いた、チャップリンの映画の絵コンテ画模写の方が、ちゃんと絵コンテしてた。
あれから半年、何を学んできたのでしょう?

そんな中で
現在大阪で、サントリーミュージアム〔天保山〕で、開催されている『スタジオジブリ・レイアウト展』は、イメージを視覚的に伝えることや画面創りが何たるかを勉強するには最高の教材を手に入れることができる、このうえない展覧会です。
もし、彼らが「描く必要がない」と勘違いしているなら、大切なことを気づかせてくれる、きっといい機会になるでしょう。

ただし
展示されているレイアウトの原画は(実物の鉛筆画は)、宮崎駿監督はじめ、最上級の絵描きの職人が描いたものが展示されているので、圧倒されて、別世界のものを見た感覚におちいり、ぜひ見てほしいというこちらの意図がふきとんでしまうかもしれません。
「わたしには無理」って、早々にあきらめてしまう人が多くなってきているから。

メアリー・ブレア展スペシャルサイトへアクセス1でも、この『メアリー・ブレア展』を
見れば、テクニックとは別の、もっと大切なことに気づいてくれるはずだと信じてます。

展示されている
一枚いち枚の全ての作品には、実際には存在していない空想の、頭の中にあるイメージを、純粋に、視覚的に変えていきたい、ただそのことだけの、作者の単純な行為の結果が展示されているように思います。

確かに上手いです!
色彩はずば抜けていますし、形のとらえ方や表現はとてもユニーク。
メアリー・ブレア展スペシャルサイトへアクセス2在学中にしっかりと絵画・美術の教育を受けた結果と、何よりも彼女の持って生まれた感覚・感性が素晴らしいから。
しかし、描いて伝えることが優先で、テクニックは二の次であることを気づかせてくれるはず。

宮崎駿監督の仕事は
描かなければ制作がスタートしない。描く必要があるから描いたもの。
描かされたものと言ってもいいのかもしれない。

でも、メアリー・ブレアの場合は
最初の、イメージのとっかかりやきっかけ創りのようなものだから、とても自由に描いている。

創作の最初の段階で
必要としなければならないものがそこにあります。
(もちろん、みなさんもご存知のとおり、宮崎監督も、イメージスケッチやラフスケッチをたくさん描いています)

だから
使われること大前提「レイアウト」よりも、先ずは画面のイメージを具象化する「スケッチ」を見ることが、合宿参加の学生たちにとってとても必要だと考えたのです。

合宿期間中に
ちょうど開催されているこの展示会に気づいた花谷先生に拍手!

都立現代美術館 

都立現代美術館メアリーブレア展1 都立現代美術館メアリーブレア展2

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/551-85b00487
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる