FC2ブログ

Entries

2009イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

2009年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展見学 

毎年この時期恒例の美術展。いろいろな作家の絵本の絵画・イラストが集う原画展。キャラクターデザイン学科の1年生たちと校外授業で見学に行ってきました。

阪神電車梅田駅から
特急電車に乗って西宮駅で普通電車に乗り換え。次の駅、香露園で下車。
260円です。

次は香櫨園 まもなく香櫨園

住宅街を歩く 
こと、約15分。小学校のすぐ向こうが、西宮市大谷記念美術館です。

香櫨園の住宅街を行く 

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展は 
この美術館で、自分が学生の頃から続いている原画展だから、30年は続いているということですね。
(途中、阪神大震災の年、1995年開催から復興までの間、他の場所を使っての開催でしたが、毎年欠かさず行われています)

新人の 
イラストレーターや絵本作家の登竜門的なコンクール展ということもあり、集まってくる作品に難解さはなく、とても見やすい展覧会。
美術館入口絵本とアニメ^ション、キャラクターデザインの分野は、表現の違いはあるものの、共通点も多数あります。
絵画の世界にストーリー性を表現するということについては特に! 

だから
機会があれば、学生を連れて見に行くことにしている絵画展です。
自分自身が学生時代に、その、表現や技法の多彩さに驚かされ、絵を描くことの楽しさやすばらしさを感じさせてくれたから。

絵本ということもあって 
展示は、子供も楽しめるような配慮がされています。
遠く、暗く、高いところに作品が飾られているのではなく、じっくりと間近で見ることが出来ます。
原画ですので、筆のタッチや、重ね塗りされた絵の具の交わりぐあいさえも観察できます。
切ったり貼ったり、接いだり… 描くだけでなく、こんなことをしてもいいんだ!
驚きの連続です!

どの絵にも 
ユーモアがあり、気持ちが明るくなります。
テクニックに驚かされる作品の中にもそれがあるのは、やはり、どの作品も子供を意識しているからでしょうか? 作者に童心があるからでしょうか?

みなさんも 
騙されたと思って、一度見に行ってください。

ちなみに 
見学する前に、カタログ(図録? ガイドブック?)を手に入れて、見比べながら観賞するのをおすすめします。

印刷された 
カタログの絵画と、本物の原画は、やはり全く別のものです。
その違いを現場で体感するのって、とても大切だと思います。
展示されている作品の全部が印刷されているわけでもない。
会場で見て、大いに気に入った絵が、カタログには載っていなかったりもするのです。
サイズが変わっていたり。 

原画の感動を
記憶にとどめておくためにも、カタログにメモ書きをするのも良いでしょう。

場内で 
映写されている、ビデオも必見です。

美術館入口で集合写真 

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/574-8faf6762
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる