FC2ブログ

Entries

ジブリの絵職人「男鹿和雄展」

兵庫県立美術館で 
12月8日から開催されている、ジブリの絵職人「男鹿和雄展」の見学に行って来ました。

兵庫県立美術館は、阪神電車「岩屋駅」からが近くて便利。 左側のスロープを登っていくと、信号につかまることなく美術館に入ることが出来るが、建物の横から侵入することになり、イベント会場の入り口を探すのが大変。横断歩道を渡って正面玄関から進入することをお薦めする

スロープを上ると 
ギャラリー棟の2階に直接入ってしまう。
「男鹿和雄展」は、展示棟の3階だから、右の道を真っ直ぐ行って、横断歩道を渡って、ふたつの棟の隙間から入場して、円形テラスからエントランスホールに向かうのがよろしい。複数のイベントが行われているので迷うことがありませんから。

館内は 
作品を傷めないように、照明は暗めだが、一枚一枚じっくりと観覧することが出来る。
平日だったから?
そういえば、クリスマスイブは祝日じゃなかったね。
土日に来ると、人でいっぱいだろうか?

「トトロ」以前の、試行錯誤するように、椋尾篁さんや小林七郎さんの技を盗もうとしながら、同時に自分のスタイルを見つけ出そうとしている、いろんなテクニックで描いている時期の作品が見ていて面白かった。

最後の部屋「解説コーナー」
では、22分間にまとめた、水張りを行っているところから描写の最後までの作業風景をドキュメントで撮影して見せたビデオ解説が見ごたえがあった。
1枚を描ききるのに約11時間。
後半の仕上げに、半分以上時間を費やしているのだろう仕上がりの最終段階では、省略のオーバーラップの連続。
ほんとは、いちばんの技を見せる瞬間の数々があったはず。一番大切なポイントが、見事省略されてしまったのは残念。

2本組みのDVD 

館内のグッズ販売コーナーで、2巻セットのDVDを購入してしてしまった。
スタジオジブリマッチコレクションが、おまけでついてくるという掲示のポスターにも後押しされて。
案内のとおり、マッチ箱サイズの小さなもので少々がっかり。
箱が、別の活用が出来るしっかりしたものかなと思っていたから。

家に帰ってから、パッケージを並べてご満悦。 マッチコレクションって何なんだろうと思って、箱をあけて見ると…。中身はナイショだよ。

たっぷり2時間半、観覧しました。
美術館の外は、すでに真っ暗です。
6時閉館なので、エントランスもこんなに暗くしてるのでしょうか?

ギャラリー棟と、展示棟の隙間とは、ここのことです。金曜日土曜日は
夜間開館で午後8時までだそうですが、平日は6時までだそうです。(1月2日の土曜日だけ、6時閉館だそうです)

入場は
30分前までなので気をつけて。

2010年2月7日(日)まで開催です。

公式図録は2,800円です。

美術館の中は
特別クリスマスムードの演出は無かったのですが、この日はクリスマスイブでしたね。
みなさんケーキは食べました?
うちの家の今年のケーキは、新装・阪急百貨店うめだ本店の 10階催し物会場特設のケーキ売場の、「リサとガスパール」ケーキです。

ケーキはこんな感じ。パリの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」のシェフが阪急限定で創作。 
クリームチーズの中にいちごのジュレとシュトロイゼルが入ったファミリーサイズ。
パリの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」のシェフが、阪急限定で創作したケーキ。

リサとガスパール
2010年、日本で絵本が出版されて、10周年だそうです

改装中の阪急百貨店。昔のように2階に歩道橋からの連絡口が復活した。 リサとガスパールのケーキを予約してたのさ。 なぜ、リサとガスパールなのかと言うと、こんな保冷バックがついてくるからなのさ。かわいいでしょ。 クリスマスイブでした。

オリジナルの
保冷バッグが可愛いでしょ。
だから、予約したんだよ。

 



スポンサーサイト



1件のコメント

[C171] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2010-04-28
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/682-b3ad5146
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる