FC2ブログ

Entries

声優学科とのコラボで卒業制作完成目前

『チリ毛』班 
録音スタジオ「トリニティー」で収録本日は、姉妹校ビジュアルアーツ専門学校声優学科の生徒さんに協力してもらってのアテレコです。

録音のスタジオは
ビジュアルアーツ専門学校・大阪、校舎に設備されている〝Ttinity(トリニティ)〟です。
プロのスタジオと変わらない設備を使って、アテレコ体験できます。 

鼻の下の長いラクダ女ちゃん 
 
アニメーションのスタッフ
で仮音の状態でしたが、上映会本番用のサウンドトラックが、やっと完成します。 

協力していただいた
声優の学生の皆さんは、谷先生の班のメンバー。
いつも、コラボレーションの誘いかけに窓口になってもらう素敵な先生と、元気な生徒の皆さんたち。
先日まで、卒業公演で大変だったのに、気持ちよく協力してくださいました。
本格的な仕上がりになって、チリ毛スタッフも大歓びです。
声優学科の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

キャスティングの確認の本読み 

まず
最初は、キャスティングの確認。
本読みしながら、役作りの確認。

アニメスタッフと
打ち合わせをして、さっそくマイクの前に立ちました。
2年間練習してきたことが実践で行える、と、声優の学生の皆さんも歓んでくれました。

さて、最初のシーンからアテレコ開始! 声優学科の生徒の皆さんも、2年生だから、慣れたものです。 アニメの学生は、もっぱら見学です。 声が入って行く自分たちのアニメーションに感動

アニメーションの
学生たちも、何人かは昨年『ウタのタネ』でアテレコ体験した者もいますが、今回始めてのメンバーもいます。
いつも見ているアニメーションのアテレコを実際に目の前で見ることが出来て感動です。

描くだけでアニメが
出来上がるというわけでなく、こうやっていろんなスタッフと制作を共にして完成させていく体験は大切。
個人制作にはできない体験です。
生徒たちには、思い出を作れただけでなく、良い経験が出来たと思います。

レベルメーターがアナログなのがかっこいい 大きなスピーカーだから安心

パソコンで
アニメーションが作れるようになって、机の上だけで完成させてしまえる便利な時代です。
パソコンで作ってパソコンで見たり、ネットに配信して見る分には充分でしょうが、30年間、アニメーションを映画として指導を続けてきた大阪デザイナー専門学校アニメーション学科としては、そんなふうにアニメーションを仕上げたくない。
最近の学生は、耳の穴に差し込む、ちっちゃなイヤホンみたいなやつで音楽を楽しんだり、音をモニターしてるけど、やっぱり音は空気の振動だから、大きなスピーカーでモニターしないとね!
上映のオーバルホールでは、もっと大きなスピーカーで再生されます。

アニメーションの
卒業制作作品は、CASOの会場でもビデオプロジェクターで映写しますが、ぜひ、2月24日のオーバルホールでの上映会に、大きなスクリーンで見に来てください。

 

 

 

 

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/737-5f2eb096
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる