FC2ブログ

Entries

アニメーション学科の卒業証書授与式

つづいて 
アニメーション学科の卒業証書授与式と表彰式。

30年続けてやってます、アニメ科恒例の出陣式

本年の学科優秀賞の中西さん 
は、イラストレーション学科からも表彰されました。
グループ制作の「チリ毛」はもちろん、何よりも個人制作で見せた感性と作品の持つ「におい」がイラストの先生に受け入れられたよう。
良かったね中西さん。

さて 
お待ちかね。アニメーション学科が30年続けて行ってる表彰式。
かつて、伊牟田先生や岡部先生が卒業制作を担当していた当時、グループ制作のスタッフに賞を与えたいと希望を学校に伝えたのですが、「賞は個人賞」と突っぱねられました。
グループ全員の協力で優秀な作品を完成させた思いから、何とか全員に賞を出してあげたい思いで、先生たちが手弁当の思いで、学科教師一同より賞を出す方法を考えました。
だから、学校印じゃなく「アニメーション学科之印」になってます。
これも手作り。
最初は、かまぼこ板を彫刻刀で彫った、まさしく手作りのものだったんですよ。
これにも、エピソードがありまして、学校賞として用意したいので、学校印をお貸し願いたい、と、当時の校長先生にお願い申し上げたのですが、これも簡単に断られました。
先生たちの印鑑でも押した方が思い出になるということまで言われました。
全員に用意する表彰状なので、賞の内容に関しては優秀ではない賞も用意されています。
が、権威ある学校の印や学校長の印がついてこそ、賞の重さがあるというものなのですが、当時の校長先生には、そんな我々のユーモアやおしゃれなセンスが、現在の校長のようには伝わらなかったようです。

今なら
学校印も、パソコンでパパッとそれらしく作ってしまうことも可能なんですが、我々は、かたくなに昔のままを大切にしています。
そんな、一筋縄ではおさまらない、歴史もいわくもある年季の入った表彰式です。

林君の表彰1 林君の表彰2 

皆の顔の表情を見ていただければ、表彰状のなかみの様子の想像がつくと思います。

林君の表彰3 

受賞者は、喜びの言葉をみんなに向かって述べます。
アカデミー賞でもグラミー賞でも、必ずあるじゃないですか。

林君の歓びの言葉1 林君の歓びの言葉2 

最初は真面目な表彰式でしたが…

真面目かなあ… だんだん雲行きが怪しくなってくる 

だんだん様子が変わってくる…

現場にいた人にしかわからない可笑しさ 卒業生の皆さんならご存知です 
卒業生の皆さんも自分たちの当時のことを思い出してちょ  

そんな、表彰式でした。

iwagami1 iwagami2 iwagami3 
 tanaka yabuta murata kurita     
 

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://odcanime.blog40.fc2.com/tb.php/758-23262641
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

QRコード

QR

プロフィール

大阪で、アニメーションの仕事に関わり、現在は、大阪デザイナー専門学校(旧称・大阪デザイナー学院)で、アニメーション学科とキャラクターデザイン学科の1年生2年生の担任をしています、森宏樹です。 手技や映像に関する授業を担当し、描いたり作ったりの指導をしています。

MORI Hiroki

Author:MORI Hiroki
たった15秒や30秒のコマーシャルが、大きな映画にも負けない感動を与えてくれる。
カメラマン宮川一夫が撮影した「トリスウィスキー」の作品は、大好きなCFのひとつ。

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

自作オセロ

by some-news

ブログ内検索

かつて、「記事で目にしたなあ」という言葉があれば試しに検索してみてください↓
検索はずれの場合は…  ごめんなさい。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる